1752円 エーモン 緊急点滅信号灯 強烈フラッシュ/500m先から視認可 車&バイク 洗車・工具・メンテナンス用品 緊急対応用品 エーモン,1752円,/impuritanism1392247.html,強烈フラッシュ/500m先から視認可,oc2019.org,車&バイク , 洗車・工具・メンテナンス用品 , 緊急対応用品,緊急点滅信号灯 エーモン 緊急点滅信号灯 500m先から視認可 強烈フラッシュ 2020新作 1752円 エーモン 緊急点滅信号灯 強烈フラッシュ/500m先から視認可 車&バイク 洗車・工具・メンテナンス用品 緊急対応用品 エーモン,1752円,/impuritanism1392247.html,強烈フラッシュ/500m先から視認可,oc2019.org,車&バイク , 洗車・工具・メンテナンス用品 , 緊急対応用品,緊急点滅信号灯 エーモン 緊急点滅信号灯 500m先から視認可 強烈フラッシュ 2020新作

エーモン 緊急点滅信号灯 希少 500m先から視認可 強烈フラッシュ 2020新作

エーモン 緊急点滅信号灯 強烈フラッシュ/500m先から視認可

1752円

エーモン 緊急点滅信号灯 強烈フラッシュ/500m先から視認可

商品の説明

色:緊急点滅信号灯(強烈フラッシュ)

商品紹介

■後続車に危険を伝える高輝度フラッシュ
■緊急時でもサッと取り出してサッと設置できる
■緊急停車中をいち早く知らせて追突を予防
■400m先から視認可

使用上の注意

製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。


メーカーより

三角停止板 非常信号灯 緊急点滅信号灯 追突防止反射シート 緊急作業用安全ベスト 緊急退避用安全タスキ
目的 後続車の追突を予防 後続車の追突を予防 後続車の追突を予防 後続車の追突を予防 作業時の安全性を確保 退避時の安全性を確保
製品の特長 風に負けない国家公安委員会認定品 長時間使用可能の車検対応品 ハイパワーLED3灯の点滅(赤×緑) ドライバーの高い視認性と簡単設置 緊急停車時の作業者の存在をアピール 子どもから大人まで退避者に使える

エーモン 緊急点滅信号灯 強烈フラッシュ/500m先から視認可

Topicsトピックス

Informationインフォメーション

Eventイベント

2021/10/01 イベント
ONLINE OPEN CAMPUS 2021 動画公開中!
2021/11/01 イベント
令和3年度 みやぎ県民大学講座(第2回)が開催されました
2021/10/22 イベント
イタリアフェア2021のご案内
2021/10/06 イベント
2021年度尚志祭開催について
2021/10/01 イベント
尚絅学院大学SDGsAction「里山の豊かさを守ろう」開催しました!
2021/09/20 イベント
イオンモール名取で尚絅学院大学SDGsイベント開催!
2021/09/15 イベント
夢ナビライブ2021 in Autumn に参加します!
2021/08/18 イベント
【国際交流】夏休みオンライン韓国ウィークのお知らせ
2021/08/11 イベント
磁石の力【マグネットクリーナー1個+サイエンスパッククリーム10g入8個セット】毛穴汚れ・くすみに
2021/08/10 イベント
地域連携交流プラザイベント「親子で参加!夏休み企画!ピカボードを作ろう」を開催しました!

Admission Information受験生のための入試情報

Department学群・学類構成/学部・学科

University3学群5学類

「多様な学び」を実現する
 新しいカタチ

学群・学類制とは、学生が自分の目標や興味に合わせて、学びたい学問領域を選択できる教育システムです。学群・学類制は、それぞれの学生が到達目標に向かって、自分の意志で主体的に、そして従来の学問領域にとらわれず自由に学びの場をつくることができます。

University総合人間科学部6学科

2018年以前入学の方

人間と社会を科学的に、多角的に学ぶ大学として、個性あふれる6学科からなる「総合人間科学部」があります。どの学科も知的好奇心や探求に応えることができる先進の環境を整えています。

Graduate School大学院

高度で専門的な知識と技術を磨き
社会の問題解決に取り組む

人間に関わる問題を、「こころ」、「食」さらに「共生」の視点から捉えて科学的に研究し実践に活かすことを目的としています。大学での学びと連続させてより高度で専門的な知識と技術を磨き社会の問題解決に取り組む、専門職業人と研究者を養成します。

Feature大学の特徴

本学では、「多様な学び」の実現に向けた柱の1つとして「地域で学ぶ、地域を支える」ことから「総合的人間力」の育成を行っています。地域の人々が暮らしを営んでいる現場で、人々の思いを汲み取り、他者とともに活動する態度とスキルを「生きた学び」として身につけます。